メンズ

収益物件をGETするために必要な知識|安定した収益

賃貸経営のネック

お金

管理を委託する

賃貸経営を行う上でネックとなるのが、賃貸物件の管理です。賃貸管理の内容としては、入居者の募集から折衝、クレーム対応、家賃の集金、また建物の修繕や清掃などが知られます。これらの管理はオーナーが行うケースもありますが、部屋数が多いマンションや複数の物件を保有している場合には、オーナーが単独で行うのは難しく、また継続的なサービスを入居者に提供することができないなど効率的ではありません。また賃貸住宅も、昔のように空いている部屋を貸すだけといった単純なものではなく、適切な管理も求められるようになっています。このため賃貸管理を行う専門業者が登場しており、多くの賃貸経営では賃貸管理をこれらの業者に委託するのが一般的になっています。

メリットは

賃貸管理を専門業者に委託するメリットとしては、管理業務の質の均一化と継続性が挙げられます。オーナー個人が行う賃貸管理では、どうしても質にバラつきが生まれますし、単独で行っている場合には病気などで管理ができなくなった場合に継続性が失われます。一方で専門業者に依頼すれば複数の社員が対応にあたってくれますし継続性があります。またオーナーにとって賃貸経営をするさいにもっとも厄介なのが入居者への対応です。問題のある入居者の存在は、その賃貸物件の価値そのものを下げることになります。これらの問題を解決するためには相応の経験とスキルが必要になりますが、賃貸管理の業者であればそれらの問題に多く対処しているので、適切な方法で処理してくれるといった点が挙げられます。