女の人

収益物件をGETするために必要な知識|安定した収益

家賃収益を得よう

財布

大阪で収益物件としてマンションなどの不動産を購入する場合は、いくつかの注意点があります。例えば、地盤が弱い地域は自然災害に弱い傾向があるため避けた方が無難です。またオートロックや防犯カメラなどの安全対策が行われている物件を購入した方が、入居者からの人気が高まる傾向があります。

もっと詳しく

賃貸経営のネック

お金

賃貸経営でネックになるのが賃貸管理です。管理では家賃の集金からクレーム対応などを行う必要がありますが、これらをオーナーが単独で行うにはやや難があります。特にサービスの継続性を考えると賃貸管理を行っている専門業者に委託する方がメリットが多いといえます。

もっと詳しく

少額で分散投資できます

お札

様々な特色があります

上場不動産投資を利用すれば、安定した収入を確保することが可能です。上場不動産投資信託とは、マンションやオフィスビル、商業施設などの収益物件に投資をし、そこから得られた収入を原資に投資主に分配金を支払うという投資商品です。保有する収益物件は銘柄によって異なります。収益物件の種類だけでなく、その規模やエリア、築年数など様々な要素で特色が出ています。最近では、個人ではまず保有することができないような収益物件を対象とした上場不動産投資信託も登場しています。例えば、ホテルや旅館、介護施設などです。マンションやオフィスビルなどの銘柄と共にこれらに投資をしている上場不動産投資信託にも投資をしておけば、収入のブレが小さくなります。

非課税制度も活用しよう

上場不動産投資信託は1口数万円から100万円程度で購入することができます。中古ワンルームマンションに投資をする金額の10分の1以下で始められるということです。また、少額でもいろいろな上場不動産投資信託に投資をすることができる方法があります。それは株式投資信託を購入するという方法です。銘柄選びに自信がないようであれば、まずは上場不動産投資信託を対象とした株式投資信託にチャレンジしてみるのもよいでしょう。また、上場不動産投資信託を買うのであれば、NISA口座を是非とも活用しましょう。上場不動産投資信託の分配金利回りは株式投資の配当金利回りよりはるかに高いので、NISA活用による非課税効果も株式投資より高いと言えます。

一定期間だけ貸し出す

部屋

転勤などの理由で一定期間家を空けることになった場合、その期間だけ家を貸し出すことができるサービスをリロケーションといいます。様々な管理については仲介業者に依頼できるので安心です。

もっと詳しく